• ホーム
  • 企業情報
  • 事業内容
  • 採用情報
  • お問合せ

ニュースリリース

2018年09月25日

塚本美術館より展示のお知らせ

()()

()()()()

()()



(

塚本美術館では、102()より「最盛期の新刀鍛冶」を展示します。



日本刀は、平安時代末期から作品が見られ、その作風の違いから大きく鎌倉・

南北朝を経て室町時代までを「古刀(ことう)」、桃山・江戸時代のものを「新刀(しんとう)」と

呼んで区分しています。

今回の展示は、桃山期の作品が、新刀と区分できるものの古刀の作風の影響を

色濃く残していたのに対し、ようやく新刀独自の作風を示して多くの名工を生んだ

江戸初期から中期の作品を展示します。

井上真改(いのうえしんかい)長曾祢(ながそね)()(てつ)などの著名刀工をはじめ、津田(つだ)助直(すけなお)丹波(たんば)守吉(のかみよし)(みち)

上総(かずさ)(のすけ)兼重(かねしげ)肥前(ひぜん)(ただ)(ひろ)、幕末薩摩の暗殺者田中新兵衛の愛刀と同じ(おく)(ただ)(しげ)

作品も展示します。

人気が高く、長らく連続して展示していた加州清光と同田貫正国の作品は今回の

展示でひとまず終了します。(1221日の金曜日まで)

)

(



)

()                      副館長・学芸員 三角正人


◆開館時間 10:00~16:00
◆休館日 土曜・日曜・月曜・祝日、12月下旬~ 1月初旬、3月下旬

(但し、毎月第三土曜は開館し、臨時に休館することもあります。)
◆入館料 無料
◆問い合わ  せ先 〒285-0024 佐倉市裏新町1-4 塚本美術館

 電話 043-486-7097







































一覧に戻る

ページ先頭へ